木のぬくもりあるライフスタイルをプロディースする株式会社タハラ|インテリア住宅建材 階段・集成材の販売・生産

♬お休みの日2020年02月17日

生産管理課 竹中です。

早いもので…令和2年を迎え…もう2月半ば💦

今季は、寒さも長続きすることなく、冬なのに昼間の太陽の出ている時は暖かく過ごしやすいですね☀️ 

 

世間では、世界的に新型コロナウイルスが猛威をふるっていますね。毎日のニュースで、どんどん感染されている方が増えていて、深刻な状況になっています。

インフルエンザ同様、目に見えない菌なので、体調管理に気をつけましょうね。

 

生産管理課のメンバーです。

昨年末、花束💐を持たれている本庄さんが結婚されました✨お幸せに✨

こちらのメンバーで、お客さまからの注文を請書作成し、協力工場さまへ、製品の加工、塗装などをお願いする業務を行なっています。

タハラへお越しいただいている方は、お見かけされていると思いますが、弊社の事務所へ入られたら、正面デスクにて仕事しています。

 

平日仕事をしていると、お休みの日がとっても待ち遠しいです。

私のお休みといえば、基本的に子供中心の予定で動いています。

子供が大きくなってくると、関わりが薄くなるので、今できること・やってあげられることをしっかりとやっていくよう心がけています。

これまで、長年娘が頑張っている、バレーボールを見に行くこと、応援に行くことで休みが費やされていますが、私なりに楽しんでいます☺️

子供の頑張りを見守ることが、今の私の頑張りの源かもしれません(笑)

この写真は、

1月に春の高校バレーの応援に📣行ってきました。これは、野球でいう、甲子園と同じく、バレーボールでは、この春の高校バレーに出場することを目指して日々練習に取り組んでいるんです。初めて全国大会の雰囲気をあじわってきました。普段の練習している体育館とは違い、オレンジコート、天井も高く、スケールが違います。全国大会というものを感じてきました〜

 

あと、

前回のブログで紹介した、今年のクンシランです。よーく見るとつぼみが❗️ 春の訪れが楽しみですね✨

 

 

 

 

その他のブログも見る

1日36時間ほしい⌚2020年02月12日

製造部の山口です。

 

今年は寒くないやら暖冬やら言われておりますが、冬は冬。

家ではゴロゴロすることが日課となり、運動不足が深刻な課題となっていました。

 

仕方がないので最近はジョギングをしたり泳いでみたりしています。

運動は得意ではありませんが運動不足の体には軽い運動でも良い刺激になっております。

私の食べ過ぎた成果もそろそろ見納めですよ、、、笑

 

さて近頃の私の業務は特殊加工を加工するためのデータ作成なのですが、

これがなんとも、、、大変です。

なんでこんなに難しいのかと叫びたくなりながら無い頭をフル回転させてます。

ですが作ったデータで機械が動き、紙切れが商品として形になったときには心でガッツポーズ。密かにテンションをあげています。

加工の難しい商品は作るのが大変ですが、難しいものだからこそ欲張りなライフスタイル“(郷心会だよりより)をお客様にお届けできると思います。タハラの階段でそのお手伝いができれば、ちょっとだけ、私のテンションも上がります。

 

個人的にもそんなライフスタイルを手に入れるため今年も色んなことに挑戦していく予定です\(^^)/

 

全然関係ないですが写真は地元付近の大楠。
貫禄しかないです、素敵。パシャ

 

スチール製手摺と壁付け手摺2019年12月09日

営業部 入枝です。

 

今回はスチール製手摺の施工風景を紹介します。

 

ちなみに階段はカバ桜のクリアー塗装品で

ノトスタイプのオープン階段です

 

 

ブラックのスチール製手摺を取付

 

と、ここ迄でしたらオーソドックスな型ですが

それに連続してスチール製手摺を壁付け手摺として取付けました。

 

 

トップに木製手摺を取付けして完成です。

 

連続部分のジョイントが上手く行くかが肝でしたが想像以上にキレイに取り付いて、スチール手摺と木製手摺がスタイリッシュ且つナチュラルな感じとお客様にも喜んで頂けました。

 

施工時の図面です。

 

12月に入り寒さも増して来ていますが

カゼなどひかぬよう、皆さま御自愛下さい。

 

そして特殊階段はタハラに御相談下さいませ!!

 

 

 

 

 

 

その他のブログも見る

第6回タハラ階段フォトコンテスト【グッドフォト賞】表彰式2018年08月02日

 

営業部の石崎です

 

暑い日が続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私個人的には暑さも吹き飛ぶほど嬉しい事がありました!

毎年開催しております階段フォトコンテストで今回、担当させて頂いているお客様が

グットフォト賞を受賞されました!!

 

受賞されたハウジング・スタッフ株式会社様

おめでとうございます!

 

障害物を最小限になくし広い空間作りを実現させた階段で

外の風景や部屋の雰囲気に階段との一体感があり住宅コンセプトにマッチした素晴らしい作品でした

 

ハウジング・スタッフ様とは5年前からお付き合いさせて頂いております。

階段は面白い、階段の可能性を追求したい思いに賛同して頂き色々な階段を一緒に作ってきました。

その一部を紹介させて頂きます。

弊社初の写真集 STAIR+ の表紙も飾って頂きました!

 

今年も階段フォトコンテストを企画しております!

面白い階段を一緒に作って行きたいと思っています!

階段の事ならタハラまでご連絡頂ければ幸いです!

第6回階段フォトコンテスト【デザイン賞】表彰式2018年07月27日

関西エリア営業担当 菅野です。

 

先日第6回フォトコンテストのデザイン賞を受賞された 株式会社 庄司圭介アトリエ一級建築士事務所様へ表彰に伺いました。

 

今回受賞された階段は異なる形状のボックスを段板にしてバランス良く組み合わせていて階段自体が1つのオブジェとして成り立ち、圧倒的な存在感をだしています。

僕も打ち合わせの際にイメージのスケッチを見させていただいたのですが今まで見たことがない納まりで驚いたことを覚えています。

それほど今までに見たことがない、既存のアイデアにとらわれない素晴らしいデザインだと感じました。

まるで美術館のようで写真もタハラ社員から大変好評だったようです。

 

デザイン賞受賞おめでとうございます。

 

第6回タハラ階段フォトコンテスト【最優秀賞】表彰式2018年07月26日

営業1課 内藤です。

 

先日第6回タハラフォトコンテストの最優秀賞を受賞された

福井工務店様へ弊社社長と共に訪問させて頂きました。

 

今回受賞された階段は、ラセン階段とノトス階段の融合階段で、施主様が設計されました。

既存商品の新しい組み合わせで、曲線と直線の融合が違和感なく表現されており、

今までにありそうでなかった斬新な階段になっています。

 

最優秀賞受賞おめでとうございます。

第7回も引き続き行いますのでよろしくお願いします。

 

 

 

土づくり2018年02月27日

製造部の常国です。

 

2月ももうすぐ終わり山にはまだ雪が残っていますが、

我が家の田んぼの雪はすっかりと溶け、もうすぐ農作業の始まりです。

IMG_1366

その前に昨年末買った、イチジクの苗木を植えなければいけません。

今回はその前の土づくりの様子を紹介します。

IMG_1387IMG_1369

培養土 腐葉土 苦土石灰 熔リン ダイアジノン を用意

苗木を植える場所を決め、直径50㎜・深さ50㎜の穴を掘り、掘った土をふるいにかけます。また、用意した培養土などまで合わせ、穴に戻して土づくりの終わりです。

IMG_1370IMG_1373

IMG_1375IMG_1376

IMG_1377IMG_1378

 

苗木の植え付けは、3月の中頃になるのではないでしょうか。

展示会2018年02月08日

営業部営業2課、岡山を担当している河野です。

 

先日、岡山のお客様の展示会に参加してきました。

倉庫での展示会ですが、この展示会は日頃の感謝を込めてお客様をもてなし、

おいしい食べ物を食べて満足して帰って頂く事を考えられています。

 

その中でも、ここの展示会の名物になっているのが、「せり」です。

毎回とても盛り上がり、見ている自分まで楽しい気持ちになります。

そのせりが、今回で最後という事でとてもさみしく思います。

次回からは、またいつもと違った新しい形になると思いますし、

来て頂いたお客様に満足して頂ける様、いい提案・PRをしていきたいと思います。

KIMG0079

又、社長様が今年は「信頼」という言葉を目標に掲げられていました。

自分自身もお客様はもちろんのこと、社員含め、みんなから信頼される営業マンを目指して、

これから頑張っていこうと思います。

親柱と手摺のジョイント加工2017年11月14日

今回は製造部藤井が親柱と手摺のジョイント加工を紹介します。

 

写真①                                                                          写真②

clip_image002clip_image004

 

写真③                       写真④

clip_image006clip_image008

ポイントⅠ、写真①のように手摺の取り付け位置を決めます。

ポイントⅡ、写真②のようにボルトを手摺の取り付け位置に取り付けます。

ポイントⅢ、写真③のようにボルトを階段の勾配と同じ角度に曲げます。

ポイントⅣ、ボルトを曲げることにより手摺の取り付け位置がずれる事を防いでいます。

旧の取り付けでは、ボルトを曲げていなかったので手摺がずれないためにサネを入れていましたが曲げることにより不要になりました。

ポイントⅤ、手摺と親柱をスパナで締めて完成です。

 

私はこれからもお客様に喜んでいただけるように良い商品を作っていきたいと思います。

御観覧有り難うございました。

ありがとう2016年05月19日

営業1課の江口です。

 

 

私は外勤営業の内藤くんのもと、主に関西方面の内勤営業を担当させて頂いてます。

私達営業一課では、担当の内外勤がチームを組んでそれぞれ目標を立てて業務に当たっています。私達二人で今期初めの去年の10月に立てた目標の中に、『二人で1日5回お客さまから、心からありがとうと言う言葉を頂ける仕事をしよう』というのがあります。

目標を立てた当初は、ちょっと幼稚で簡単な目標のように思えたのですが、いざ始めてみるとそんな甘いものではありませんでした。

日々、業務の終わりに連絡を取り合い1日の、伝達や反省など報告しあったあと、それぞれのありがとうの個数を申告するのですが、これまで合わせて5回達成できた日は、情けないことに数えるほどしかありません。

 

 

でも、先日のこと、
初めて二人で6回達成できました。その時は二人で大喜びしました。ありがとうって喜んで頂けたことで、私達もこんなに喜べるんだって逆に感謝の気持ちで一杯になりました。

ありがとうの言葉の反対は、当たり前と言われますが、仕事において、ミスをせず、お客さまに不快な思いをさせず、、というのは当たり前ですが、それ以上に、心からありがとうって言って頂ける仕事をしていきたいと、心から思いました。まだまだ未熟者ですが、今後とも宜しくお願いいたします。

 

DSC_0682 (1)

 

 

 

DSC_0681