木のぬくもりあるライフスタイルをプロディースする株式会社タハラ|インテリア住宅建材 階段・集成材の販売・生産

宮島の大鳥居2016年06月04日

生産管理課の榎谷です。

 

 

先日宮島へ行って来ました。

平成8年に世界遺産に登録されて今年が20周年になります。

宮島は昔から神の島と崇められていたので御社殿を海水のさしひきするところに建てられたと言われているそうです。

 

重さ60tの大鳥居は柱の下に数百本の杭を打ちその上に堂々と立っているそうです。

他にも五十塔・千畳角閣・宮島の伝統工芸等楽しむことが出来ます。

リニューアルした宮島水族館へも行って来ました。オオサンショウウオ等珍しい生き物もいましたよ。

アシカショーも見て癒されて来ました。他にも見どころ盛りだくさんあります。

訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

__ 1

 

__ __ (2)

はつかいち桜まつり2014年04月08日

営業1課内勤の垰下です。

 

4月といえば、桜の季節です。

 

僕は、6日日曜日にタハラの近くにある公園で行われた、廿日市市主催の「はつかいち桜まつり」に参加してきました。当日は天候にも恵まれ、お花見日和でした。

 

その中で、面白かったイベントが「剣玉」です。誰もが遊んだことがある剣玉。剣玉は廿日市市発祥という事もあり、大人から子供まで、親しまれています。剣玉を求め、県外から遊びに来る方もいました。剣玉を利用したダンスパフォーマンス、剣玉ワールドッカプも開催するという事で、1つのスポーツとして現在注目を集めています。

是非自分も剣玉を今度やってみようと思いました。

 

廿日市市に住んでいて、知らない事はまだまだあるなと感じました。本当に会社のある廿日市市は、海もあり、桜もあり自然豊かな環境に恵まれていると感じます。

 

話は変わりますが、僕自身入社して4年目に入りました。今、入社式や、入学式など、色々な場所で、新しい制服に身を包んで、歩く姿を目にすると、自分が入社した頃の気持ちを思い出します。初心を忘れず、今後も日々成長し、お客様への誠実な対応を心掛けていきます。

 

 

DSC_0124  DSC_0113

 

 

DSC_0125 (1)

新年明けましておめでとうございます2014年01月08日

新年明けましておめでとうございます。

経理課の大橋と申します。

 

2014年も数日経っていますが、2013年を振り返ると個人的には健康であり充実・・・したいい年でした!!

 

嬉しかった事と言えば広島県民として「カープ初のCS進出」!

甲子園に行く予定でしたが私は都合が悪く主人だけが行きました。

スタンドであの感動を(2連勝)体感できなかったのが残念でした。

 

clip_image002 clip_image004 clip_image006

 

2014年はぜひ、「日本一」になれる様カープ女子(笑)として応援したいと思います!!

 

今年2014年は宮島の弥山に登り「初日の出」を見てきました。

 

新年のご来光を拝むことができました。

今年1年も健康であり、仕事も微力ですが(笑)タハラの戦力になれる様頑張っていきたいと思います!!

けん玉ブーム再来?!2013年12月10日

第二工場の久保です。

広島県廿日市市木材港北15-1
これが弊社の所在地です。

 

木材港の名の通り、木材関係の会社が多く集まっています。
広島の木材加工で何か思い浮かぶものがありますか?

 

例えば同じ廿日市市、宮島の宮島細工なんてどうでしょう。
木で出来た小皿やお盆、しゃもじをお土産に買って帰られた
方も多いのでは?

 

 

……でも僕のオススメは……「けん玉」です!

 

Attachment-1

 

 

廿日市市は現在の形になったけん玉(日月ボール)発祥の地、
大正10年から製造を始め、一時は全国のけん玉製造40%の
シェアを誇っていました。

 

現在は衰退した昔の遊び、のイメージが強いかもしれませんが…
…実は今!密かにけん玉が流行り始めているのです!

 

若者がベルトや首にけん玉を掛けて歩いてるの見たことありませんか?
あるはず……無いかな……いや、絶対キテます!

 

今のけん玉はかなりスタイリッシュで自由度が高いです。

皆さんも木のぬくもりを感じながら、オシャレに遊んでみませんか?
もちろん僕ももってます!

鎌田行進曲2013年07月23日

第二工場の久保です。

 

さて、せっかくですので「階段」についてなにか書いてみようかと思うのですが・・・

季節がらつい「怪談」が頭に浮かんでしまいます・・・・・や、止めときましょう。

夜の工場なんて結構そんあ雰囲気ありますし・・・。

 

「階段」といって僕がまず思い浮かべるのは映画「鎌田行進曲」です。ご存知でしょうか?

さまざまな人間模様を織り交ぜながら転げ落ちていくクライマックス、命がけ10mの「階段落ち」。

つかこうへい作、監督は広島にも馴染み深い深作欣二監督。

日本映画史に残る名作ではないでしょうか。

 

あ!映画の中なら構いませんが実生活の中での事故にはくれぐれもご注意ください!

弊社製品にはウインザーハンズ、丸棒手摺等の補助手摺のバリエーションもございますのでぜひご参考に!

安全快適な生活があってこそ「映画」や「怪談」などの文化を愉しむ余裕がうまれるのでしょうから。

 

 

暑い日が続きますが、皆様くれぐれも体調にはお気をつけて過ごされますよう。

ご自愛ください。