木のぬくもりあるライフスタイルをプロディースする株式会社タハラ|インテリア住宅建材 階段・集成材の販売・生産

面白い階段2018年12月11日

営業部の下田敦樹です。

 

最近よくCMのワンシーンや、ニュースのセットなどで階段が使われているのを目にします。空間をおしゃれに見せたり、「この上には何があるのだろう?」などと想像してみたり・・・。

 

少し特別な階段には感覚的にも広々と、そしてワクワク感があります。

予算をかければ当然複雑で、すごいものが出来上がります。

ただ、下3,4段だけ、途中4段だけでも特別なものにしてみても面白くなります。

住宅は一生に一度の買い物とよく言われます。階段にも少しだけこだわりを出してもらえるならば、私たちが一緒に面白い階段をご提案させて頂ければと思います。

 

先日ある展示会に参加させていただきました。お客様からこんなものまで出来るの?とびっくりされたりしますが、本当に出来るんです。皆さんにタハラのアイデア一つでも持って帰って頂ければ嬉しく思います。

 

何よりも、これから想像を膨らませ、ワクワクしながら面白い階段を考えていらっしゃる皆様が羨ましくも思います。

犠牲バント2018年11月28日

こんにちは。2番セカンド大場です。

 

私は草野球をやっています。チームメイトにタハラの平田くんがいます。
3番サード平田くんです。

タハラで2番・3番を打ちチームを牽引しています。

 

 

平田くんは、よく打ちます!
この間の試合も私が犠牲バントを決めて平田くんがタイムリーを放ちました。
素晴らしいことです!

 

私が言いたいのは「平田くん調子に乗るな!」ではありません。
誰かの活躍の影には自らを犠牲にしてチームのために貢献している人がいるということです。
まさに、チームプレーです。

 

平田くんは会社においても活躍され、グッドデザイン賞を受賞しました!
テレビや新聞にも取り上げられました。素晴らしいことです!

 

私が言いたいのは「平田くん調子に乗るな!」ではありません。
八木准教授とのやり取りで段板のR部分の収まりがわからない時にCADで説明したのは私でした。
犠打1です。

 

仕事においても、すべてがチームプレーだと思います。目立たなくてもチームのために影の戦いに徹し抜いていくことが大切だと思います!

 

これからも、お客様の満足と社員の満足のために一生懸命仕事に取り組んで参ります!

最後に確認です。

「平田くんの活躍の影には、私の犠牲バントが、あることを忘れないで下さい。」

 

 

犠打職人・大場

アートケ込コレクション♪2018年11月13日

営業外勤の菅野です。

 

2018~2019の新カタログが完成しお客様に配って回っていますが、

今回のカタログもNeeSe、WARPなど新商品が出ております。

その他にも今回アートケ込コレクションということで階段のケ込部分にデザインを加えた、

「CUBE」と「デコ文字」の二種類、新商品として掲載しております。

 

「CUBE」は、施工写真に使わせていただいているモザイクタイルのケコミのデザインを参考に、

タハラならではの木製タイルを目地掘り込みで表現したもの。

 

「CUBE」

 

「デコ文字」はこれもお客様からのアイデアを参考に、

ケコミ板に好きな言葉や文字等を掘りこむことができる商品となっております。

 

「デコ文字」

 

関西のお客様でも以前一度採用となり、お施主様の大事な記念日を入れさせていただきました!

デザインもある程度は自由になります。ぜひ一度ご相談いただければと思います。

塗装工場新体制!2018年11月09日

タハラ塗装工場の白石です。

 

塗装工場では今年の4月から2名の若い社員が配属になり、新体制となりました。

 

技術的にはまだまだですが、

今までよりも活力満ち溢れる塗装工場になっています。

これから、メンバー全員でいろんなことにチャレンジしていきますので

『色合わせ』や『塗り分け』、

技術的に難しそうなこと何でも御相談ください。

 

『階段(タハラ)』2018年11月01日

営業1課の林です。

 

約1年半、山口県を担当させて頂いておりましたが、この10月から関西を担当させて頂くことになりました。山口県で担当させて頂いた皆様、短い間でしたが、ありがとうございました。

 

先日、お客様から見積もり依頼を頂いた際、

「メーカーは問いません。見積もりお願いします。」と書いてある中で、階段の所にだけ『階段(タハラ)』と書いて頂いておりました。

このように書いて頂けて嬉しいという気持ちと同時に階段の専門メーカーとして、今以上に努力しなければいけないと感じました。

 

今後とも日々努力して、多くのお客様に喜んで頂けるよう頑張ります。

 

↑2018年度グッドデザイン賞を受賞した『NeeSe(ニーセ)』

入社して感じた事2018年10月22日

こんにちは!生産管理課の安藤です。

 

私は今年7月にタハラに入社いたしました。

入社する前は私にとって階段とは身近にありすぎて深く考える事がなかったのですが、働きはじめて感じたのは1つの階段が出来上がるのにたくさんの方々が携わっていてお客様に満足いただけるよういろいろな思いや、技術が合わさって1つの階段が出来上がるんだなという事です。

 

今回タハラ新商品のNeeSe(ニーセ)は昇降時の負担が軽減される階段という事で私の母が足が悪いのでこのような階段があるととても安心できるなと思いました。

写真は飼っているペットなのですがアパートの階段が急すぎていつも昇り降りがきつそうです。いつか楽に昇り降りができる階段をつけてあげたいなと思っています!!

 

まだまだ私にできる仕事は少ないのですが今できる事を正確に一生懸命業務に努めてまいります。

取材2018年10月17日

物流資材課の舩岡です。

 

今年の猛暑も忘れてしまうぐらい、すっかり秋めいてきました。

みなさん体調は崩されていませんか?

 

11月より販売開始する新商品「NeeSe(ニーセ)」が日本デザイン振興会(東京)の本年度グッドデザイン賞に選ばれ、先日TSSテレビ新広島様・中国新聞社様等取材に来られました。

テレビ・新聞等で見られた方も沢山居られると思います。『昇降時の負担を減らす階段』は高齢者や子供など階段に苦労する方々と介護者の双方が使いやすい新商品になっています。

建築デザインに詳しい広島大学院教育学研究科の八木健太郎准教授も加わって頂きました。

社員向けの勉強会にも講師として来て頂いたこともあります。

 

会社のテーマでもある「おもしろいタハラ」。新カタログも出来上がっていますので、みなさん是非手に取って感じて下さい。

 

20年以上勤めさせて頂いておりますが、取材に来られたのは初めてな事で、タハラは確実に前進しています。

 

新カタログ2018年10月12日

営業外勤の福留です。

 

この度、タハラの新カタログが完成致しました。

カタログ作成に携わったC&M室の皆様、誠にありがとうございます。

いつもながら、大変な作業お疲れ様です。

 

今回の目玉の新商品は、2018年度グッドデザイン賞を受賞した、『NeeSe(ニーセ)』(二世帯階段)です。デザイン・機能性共に「おもしろい階段」になっていますので、是非ご覧になって下さい。

その他にも、「おもしろいタハラ」が、たくさん詰まったクールなカタログに仕上がっています。

大切に作って頂いたカタログを、営業としてお客様に1冊1冊大切にお届けしたいと思います。

このカタログをしっかり活用して、1つでも多くの「階段から始めるストーリー」創りのお手伝いが出来るよう努力していきます。

調色2018年10月04日

4月から塗装をさせてもらっている中川です。

 

これまではNCを動かしたり、NCのプログラムを作っていました。

その為、塗装は全くの初めてです。

塗装に携わるようになり、今までは色に関して深く考えたことはなったのですが、

タハラ塗装では、タハラ100色以外に各メーカー様の色合わせやサンプルに色を合わすといった作業を行います。

いわゆる調色です。調色には経験とセンスが必要です。

 

日々経験を積み、お客様が求める色・感じを出せるように頑張っていきます。

お知らせ2018年09月26日

こんにちは、営業2課南九州担当の加谷です。

 

季節の変わり目で日中と朝晩の温度差が感じられ始めた今日この頃、皆様は体調を崩されてはいませんか?

自分は起床した際に、喉が乾燥して声が出しにくくなりやすいので、気をつけています。

 

さて、タハラとして初の試みになる、施行例の写真集をこの度作成し一月以上経ちましたが、

お客様から大好評を頂き、作成に関わった社員一同に感謝・感謝の思いでいっぱいです。

今後、お施主様との打ち合わせ等に使っていただき、

階段メーカーとして「おもしろいタハラ」を感じていただければと思っています。

今までの形の決まった階段ではなく、お客様の趣味やデザインにこだわられた階段を皆様にご提案できればと

社員一同日々頑張っております。困ったことがあれば、まず御相談下さい。

 

なお、最後になりますが大事なお知らせがあります。

来月10月19・20日に福岡国際センター様において開かれる、

ジャパン建材様、九州営業所合同展示会が開催されます。

タハラといたしましても毎年参加させていただき、今年も例年通り参加させていただきます。

当日会場にて沢山のお客様にご来場いただきますよう、社員一同お待ちしております。

どうぞ宜しくお願いいたします。