木のぬくもりあるライフスタイルをプロディースする株式会社タハラ|インテリア住宅建材 階段・集成材の販売・生産

ねじれ手摺&ねじれ桁2020年10月19日

製造部の山崎です。

 

最近のご注文にはオープンタイプや差し込みタイプ、収納タイプなど個性的な階段が増えているように思います。

私が携わる仕事の一つに特殊加工のNCデータ入力があるのですが、その特殊加工の中に捻れた手すり、捻れた化粧桁があります。見た目にはとても個性的で華やかなものとなります。積層材のブロックから削り出して加工していくのですが、この削り出す加工のNCデータ入力がとても根気のいる作業で、1棟の階段で半日はかかります。ただ入力ができたときの充実感はとても大きいです。

 

    

 

 

階段は住宅のインテリア的要素満載なので個性的な階段で室内を豪華に飾ってみてはいかがでしょうか。

 

タハラの階段2020年10月12日

営業内勤の垰下です。

 

先日身内が家を購入し、新居の階段がタハラの商品だったので、お邪魔させてもらいました。踏板は床色合わせで、蹴込・巾木は白となっており、集成材の木の質感、部屋の色合いととても合っており、タハラの階段で良かった!ととても喜んでいました。

 

ここのハウスメーカー様は巾木を踏板の天端にのみ乗せて、巾木の木口を化粧に見せる形にしております。とてもシャープですっきり見えて、こういう形の納まりも、良いなと僕自身勉強になりました。

 

身近な方で、タハラの階段を使っている方が初めてでしたので、その喜んだ姿を見て、この仕事に携われている、喜びを感じました。

 

この気持ちを忘れず、お客様に満足して頂ける商品をお届け出来るよう、頑張っていきます。

 

ウレタン塗装工程2020年10月05日

塗装工場の宮川です。

 

タハラでは、ウレタン塗装・ノンスリソフト塗装・ノンスリセラミック塗装・エナメル塗装・自然塗装があります。

 

今回はウレタン塗装工程を紹介します。

 

 

写真のように①~⑥の工程があります。

 

①木地研磨

180番のペーパーで木目に沿って研磨します。

 

②木地着色(目止め)

色の付いたフィラーでハケ塗りをし、下地の色付け、導管の目を止めます。

 

③サンディング

木部への塗料の浸透を防ぐのと、木部の凹凸を滑らかにするための下塗り剤です。

 

④サンディング研磨

400番のペーパーでザラ付きが無くなるよう研磨します。(下地を剥がさないように)

 

⑤補色(カラー)

目標の色に合わせ、薄いカラーを何回か重ね塗りし合わせます。

 

⑥仕上げ

クリア塗装で仕上げます。

 

 

以上がウレタン塗装工程です。塗装って工程が多くて繊細な作業です。

 

次回は別の塗装工程を紹介したいと思います。

 

 

皆様、コロナとインフルにはお気を付けください。それでは。

CLiP HIROSHIMA2020年09月23日

製造部の堤です。

 

先日、 広島市内で面白そうなイベントを行っていたので見に行ってきました。

 

   

 

 

継手 仕口って何? のっけから現れたいろんな継手‼

タハラで言う仕口は美蔵で使う仕口加工がよく使う加工で

単純なホゾ加工ですがでも全然違う!

しかもいろんな種類があって、驚きました。

  実際に自分で組み立てれるコーナーもあったのですがまるでパズルで組み立てるのに時間がかかりました。

 

          

 

圧巻だったのが欅の無垢の柱に四方から梁が差してある加工。

その加工内容はそれぞれ意味があると思うのですが、

複雑すぎてどうなっているのか全然わかりませんでした。 

普段会社で加工に関わった仕事をさせて頂いていますが、

ただ溝を削るだけでも溝の使い方により削り方が変わります。

まだまだ勉強中ですが、役に立つ仕事をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

先日、お客様からこんなケ込み板の注文がありました^^

お客様の喜ばれる商品を作らせて頂きます。

 

   

NC1号機2020年08月24日

彫り師の伊藤です⁉️

 

今年の2月から製造に異動になり、現在NCの1号機(階段専用機)を担当しています。

毎日の作業の始めに原点復帰というのを行います。

その名のとおり、座標を原点に帰してやるという作業で、1つずつ行って全灯すれば完了

 

 

 

コレで正確な物が彫っていけます。

 

 

原点に帰るというのは上手く言った言葉で、初心を忘れず今日も彫って彫って掘りまくりたいと思います。

 

出荷作業2020年07月07日

物流資材課の中川です。

.

私は、物流資材課としては新人です。

タハラに入社して10年経ちますが物流としてはまだ一年経っていません。

.

私の業務内容は、タハラ塗装工場や各協力工場様から仕上がった商品を運送会社ごとに仕分ける出荷作業を行ったり、フォークリフトで材料の荷下ろしをしたり、直接お客様が商品を引き取りに来られた際に対応をさせていただいております。

.

物流資材課に異動して、一つの商品を出荷するまでの作業の大変さを知りました。そして各運送会社様と作業をすることもあり、皆様とても協力的で沢山助けていただいて、とても良い人ばかりです。

.

コロナの影響もありますので、3密には気を付けます。

ただ心は密にして乗り越えていきたいです。

.

木取りライン2020年06月22日

製造部の寺田です。

.

昨年の10月より木取りラインをスタートしました。

要領もままならないままスタートし繁忙期を向かえ戸惑いもありましたが、意見交換を行い状況に応じて工程や流れを構築する事が出来ています。

前工程での材料準備の際も、歩留まり計算がされており、効率良くラインを回せ、半端材のロスも少なく稼働しています。

当社で木取りラインを完備する事で手加工、NCなど後工程へのバトンもスムーズに行い最初から最後まで商品管理が出来、今まで以上に納期、品質の管理が徹底されています。

今現在、新しいメンバーも加わり引き継ぎを行っていますが、今の流れが100%とは思わないので改善点を見つけ更なる効率アップへ繋がればと思います。

タハラ塗装工場2020年06月08日

物流資材課の橋平です。

.

私は現在タハラ塗装工場で塗装品の梱包、出荷の業務をしています。

タハラ塗装工場は、今年の1月より稼働して約半年になります。

広いスペースの乾燥室や梱包の場所を備え、充分な環境で仕事をしています。

.

今は物量的に少ない時期ではありますが、繁忙期に向けてお客様のご注文に対応できるようにしていきたいと思います。

.

現場手摺り施工2020年06月01日

製造部の水田です。

.

私は現場補修を担当しています。主に階段やカウンターの補修、塗装などが多いのですが、今回は階段手摺りの施工を紹介したいと思います。

.

before

after

.

施工手順としては、下にある笠木に墨をして、その上にアイアンを取り付けアイアンの上にカットした木手摺りを取り付けます。

.

施工の現場はまだ日が浅く学ぶ事もたくさんありますが、早く一人前になれる様に努力していきたいと思います。

樹種クイズ2020年05月25日

営業部の林です。

.

今回は見た目が似ている樹種クイズをしたいと思います。

↑の写真はどちらがタモでどちらがナラでしょう。

.

正解は上がタモ、下がナラです。

どちらもとても似ていますが、ナラには特有の虎斑があります。

この柄がある方がナラです。

.

.

.

↑の写真はどちらが姫松(赤松)でどちらが桧でしょう。

.

.

正解は上が姫松で、下が桧です。

見分け方は、桧にはピースごとの色差が少し大きく、サーモンピンクみたいな色の部分があります。姫松はひとつひとつの木目がはっきりしています。

.

このように、樹種それぞれに特徴があり、それぞれの良さがあります。

.

弊社取り扱いの樹種が吊り下げられるサンプルもございますので、ぜひ一度それぞれの樹種を見ていただき、それぞれの良さを知っていただきたいです。

.

お問合せお待ちしております!