木のぬくもりあるライフスタイルをプロディースする株式会社タハラ|インテリア住宅建材 階段・集成材の販売・生産

取扱説明書2020年11月25日

製造部の弘中です。

 

今回は男性なら一度は組み立てたことがあると思うプラモデルのお話をしようと思います。

プラモデルを組み立てる時に必ず必要なものがあります。

それは、取扱説明書です!!

説明書がなければ何百個ものパーツがどの向きでどこに付くのかも分かりません。しかし、説明書があれば小さなお子さんでも組み立てることが出来ます。

それだけに丁寧に分かりやすく説明されています。

 

 

これってすごくないですか?

いくらいいパーツがあっても説明書がなければ完成することはありません!

 

タハラでは階段を中心に加工をしていますが、階段も同じで材料がいくらあっても形にはなりません。

お客様との打ち合わせであったり、現場での寸法取りがしっかりできているからこそ必要な寸法を出すことができ、それが階段を作る加工場での説明書になっています。

 

 

自分も後工程の人に必要なことは手寧に分かりやすい言葉で説明しようと思います!

 

 

技術習得講習会2020年11月10日

製造課の同免です

 

今回は社員や協力会社の社員も含め技術習得の為の講習会の様子をお伝えします。

人事異動で新たに製造課に配属された社員の方や入社して経験の少ない社員、また協力会社に入社された社員の方などを中心に基本的な加工方法や作業手順などを製造工場管理課の担当社員が丁寧に時間をかけて指導、説明を行います。

安全面など、危険のリスクが高い作業はとくに重要視し、事故防止に努めています。

 

新たな事を習得すると仕事の幅も広がりモチベーションも上がります。

階段を中心として色々な加工を、そしてより高度な技術習得を目指して日々頑張っています。

講師担当者もものづくりの楽しさや喜びも含め自身の経験をもとに熱く指導しています。

 

製造課は技術部門であり階段の製造や企画に欠かせないセクションでもあるため製造チーム全体でより良い製造と提案を今後もつづけて行きたいとおもいます。

 

 

 

ねじれ手摺&ねじれ桁2020年10月19日

製造部の山崎です。

 

最近のご注文にはオープンタイプや差し込みタイプ、収納タイプなど個性的な階段が増えているように思います。

私が携わる仕事の一つに特殊加工のNCデータ入力があるのですが、その特殊加工の中に捻れた手すり、捻れた化粧桁があります。見た目にはとても個性的で華やかなものとなります。積層材のブロックから削り出して加工していくのですが、この削り出す加工のNCデータ入力がとても根気のいる作業で、1棟の階段で半日はかかります。ただ入力ができたときの充実感はとても大きいです。

 

    

 

 

階段は住宅のインテリア的要素満載なので個性的な階段で室内を豪華に飾ってみてはいかがでしょうか。

 

ウレタン塗装工程2020年10月05日

塗装工場の宮川です。

 

タハラでは、ウレタン塗装・ノンスリソフト塗装・ノンスリセラミック塗装・エナメル塗装・自然塗装があります。

 

今回はウレタン塗装工程を紹介します。

 

 

写真のように①~⑥の工程があります。

 

①木地研磨

180番のペーパーで木目に沿って研磨します。

 

②木地着色(目止め)

色の付いたフィラーでハケ塗りをし、下地の色付け、導管の目を止めます。

 

③サンディング

木部への塗料の浸透を防ぐのと、木部の凹凸を滑らかにするための下塗り剤です。

 

④サンディング研磨

400番のペーパーでザラ付きが無くなるよう研磨します。(下地を剥がさないように)

 

⑤補色(カラー)

目標の色に合わせ、薄いカラーを何回か重ね塗りし合わせます。

 

⑥仕上げ

クリア塗装で仕上げます。

 

 

以上がウレタン塗装工程です。塗装って工程が多くて繊細な作業です。

 

次回は別の塗装工程を紹介したいと思います。

 

 

皆様、コロナとインフルにはお気を付けください。それでは。

CLiP HIROSHIMA2020年09月23日

製造部の堤です。

 

先日、 広島市内で面白そうなイベントを行っていたので見に行ってきました。

 

   

 

 

継手 仕口って何? のっけから現れたいろんな継手‼

タハラで言う仕口は美蔵で使う仕口加工がよく使う加工で

単純なホゾ加工ですがでも全然違う!

しかもいろんな種類があって、驚きました。

  実際に自分で組み立てれるコーナーもあったのですがまるでパズルで組み立てるのに時間がかかりました。

 

          

 

圧巻だったのが欅の無垢の柱に四方から梁が差してある加工。

その加工内容はそれぞれ意味があると思うのですが、

複雑すぎてどうなっているのか全然わかりませんでした。 

普段会社で加工に関わった仕事をさせて頂いていますが、

ただ溝を削るだけでも溝の使い方により削り方が変わります。

まだまだ勉強中ですが、役に立つ仕事をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

先日、お客様からこんなケ込み板の注文がありました^^

お客様の喜ばれる商品を作らせて頂きます。

 

   

NC1号機2020年08月24日

彫り師の伊藤です⁉️

 

今年の2月から製造に異動になり、現在NCの1号機(階段専用機)を担当しています。

毎日の作業の始めに原点復帰というのを行います。

その名のとおり、座標を原点に帰してやるという作業で、1つずつ行って全灯すれば完了

 

 

 

コレで正確な物が彫っていけます。

 

 

原点に帰るというのは上手く言った言葉で、初心を忘れず今日も彫って彫って掘りまくりたいと思います。

 

木取りライン2020年06月22日

製造部の寺田です。

.

昨年の10月より木取りラインをスタートしました。

要領もままならないままスタートし繁忙期を向かえ戸惑いもありましたが、意見交換を行い状況に応じて工程や流れを構築する事が出来ています。

前工程での材料準備の際も、歩留まり計算がされており、効率良くラインを回せ、半端材のロスも少なく稼働しています。

当社で木取りラインを完備する事で手加工、NCなど後工程へのバトンもスムーズに行い最初から最後まで商品管理が出来、今まで以上に納期、品質の管理が徹底されています。

今現在、新しいメンバーも加わり引き継ぎを行っていますが、今の流れが100%とは思わないので改善点を見つけ更なる効率アップへ繋がればと思います。

工場管理課の仕事🔧2020年04月27日

工場管理課の白石です。

主に協力工場様や自社工場の改善活動、色管理などを行っています。

 

今回は、日々どういったことを意識しながら仕事をしているかをお話ししたいと思います。

 

下記の文はタハラの経営理念です。

『インテリア住宅建材の生産、販売を通じてより良い住環境をつくる事に貢献し、すべてのお客様の満足とすべての社員の満足とすべての関係する企業の満足を高め続ける企業となります』

 

日々の行動は、この経営理念に沿うように心がけています。

工場管理課としてどういったことを意識しているかというと

『すべてのお客様の満足』

決められた納期にお客様が求めていらっしゃる

付加価値の高い商品、サービスを届ける。

『すべての社員の満足』

日々の業務で、作業者の方に過度の負担がかからないような仕組みを作り、

作業終了予定時間に終われるような改善を行う。

『すべての関係する企業の満足』

タハラに協力していただいているすべての協力工場様に、適正キャパで

最大限の利益が出るような改善を行い、作業者の方の負担も軽減していく。

 

他にも色々ありますが、タハラに関わるすべての人が幸せになれるように思っています。

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、本当に思っています。

 

いつもタハラの無理難題を聞いてくれている信頼できる協力工場様です。

 

これからも、関係する企業全体で品質やサービス向上に向けて取り組んでいきたいと思います。

日々勉強2020年04月06日

製造課の今岡です。

 

昨年の10月から手加工をやっています。

手加工は使う工具・機械が色々あります。

ノミ・丸ノコ・ベルトサンダー・昇降盤・パネルソー・トリマーなど他にも色々それらを使いこなして製品を作っています。

 

 

製造課に入って10年、色々な経験をさせてもらっていますが、まだまだ勉強することが沢山あるなと実感しています。

ベテランの職人の方々に邪魔と言われないように、早く追いつけるように、頑張っていきたいと思います。

 

 

商品の要2020年01月21日

こんにちは、

製造課の江本です。

 

某日、弊社の主力商品である「階段」(開発中)の部材強度テストに

自身としては初めて開発者メンバーと同行させていただきました。

 

天災でもない限り壊れてはならない商品なので、

施工時と同じデザインで実寸のモデルを作り、階段部材・周辺部材(金属製)など、

他の施工方法も含め、約15㎝四方の小さい場所に0~数百kgの力を加えて

どの程度の重さまで部材が耐えれるか、壊れるまで重さを増やしてテストを行います。

今回の商品は、1トンを超える力でも壊れなかったので驚きました。

 

末永く安心して使っていただける商品開発をタハラでは行っています。

 

 

 

 

 

恒例となりました、ちょっとおまけコーナーです。

近年、広島にも入港している豪華客船のほんの一隻の写真です。(船の名前はセレブリティ・ミレニアム)

乗客数は少ない方で、1950人だそうです。

イメージ的には、船旅は旅行代金が高いのではと誰もが思ってしまいますが、

日本国内もしくは韓国に行って帰る旅だと、食事代など込みで意外と安い船旅が出来るそうです。

私もこんな船に乗って旅をしてみたい夢があります。

資金と休みがたっぷりあればの話ですが、(笑)

 

興味のある方は、旅行会社さんへ問い合わせてみては?