木のぬくもりあるライフスタイルをプロディースする株式会社タハラ|インテリア住宅建材 階段・集成材の販売・生産

滑り台付き階段2019年07月02日

営業部 平田です。

 

以前宮崎県の都城で保育園の打ち合わせのご依頼を頂いて、滑り台つき階段の打ち合わせがありました。

 

 

完成品がこちらです。

 

非常に可愛らしい滑り台が出来上がりました。

ここ最近滑り台付き階段が増えてきたように思います。

 

今後ももしこういった楽しい遊べる階段のお話ございましたら、タハラまでお問い合わせお待ちしております。

 

◇おもちゃ美術館◇2019年06月24日

営業支援課 堤です。

 

先日、山口県長門市にある道の駅センザキッチンの横にある長門おもちゃ美術館に行ってきました。

 

自然を感じる体験型ミュージアムということで、木のおもちゃがたくさんありました。

この美術館、ありとあらゆる物がくねくねと曲がっていて不思議な空間を作っているのですが、

その曲がっている物を弊社が納めさせていただき、自分もお手伝いをさせてもらいました。

   

 

写真の空間上で曲がっている部分、ここが三次元に曲がっており、

生産部の方ともどう作るか打ち合わせをして一つずつ図面から寸法を割り出していきました。

通常ねじれは平面から見るとアールで、横から展開するとナナメの一直線の勾配のラインになりますが、

今回は平面から見ても横から見てもアールになる様に作らないといけず大変でした。

 

最後にその曲がった額縁と丸い格子がどう納まっているのか知りたかったのですが、至ってシンプルでした。

図面でイメージするのと実際の現場の違いに今回は特に感動いたしました。

 

 

工場ご訪問2019年06月19日

梅雨時期を迎え、だんだんと不快指数が上がっていくのを感じている今日この頃。

生産管理課の加谷です。

 

私は、この4月より営業課から生産管理課へ異動になり、新入社員と共に新しい気持ちで業務に携わっています。

今まで十数年間営業をさせていただき、内勤業務で新しく覚えることが多く、四苦八苦の毎日を送っています。

 

先日、協力工場様へ挨拶回りをさせて頂いたのですが、その際加工工場では各機械の性能やその性能を活かした

応用の使い方などを伺い、手配をする側も加工技術をもう少し把握していれば、

お客様により良いご提案を出来るのではないかと感じました。

また、塗装工場では各塗装工程を伺い、色合わせの難しさや保管、管理、その後の出荷業務まで

関わる工程の多さに驚きました。

 

今回協力会社様へ伺い、皆様が一つ一つの商品を丁寧に加工や塗装されているのを間近で見ることができ、

大変勉強になりました。この機会に協力会社様との関係を今以上に良好にし、

今以上にお客様により良い商品をご提供できるように自分も日々頑張っていこうと思います。

 

 

 

 

技術勉強会2019年06月11日

生産部製造課の同免です。

 

製造課ではちょっと前のことですが、勉強会を行いました。

塗装工場主催の勉強会です。

 

塗装工程での不具合を、前工程の本社工場のメンバーへ説明会を行って

各工程での意見を出し合い、話し合いを行っています。

時には意見をぶつけ合い、思いが違う事もありますが、

最終的にはお互いの苦労も理解し合い、良い製品を出荷するためには

どこまでどの工程で仕上げを行うかなど、多少の笑顔を見せながらの雰囲気となります。

 

タハラでは、後の工程の事を考えて業務を行う事が、社員には合言葉としていますが、

今後もグループ内でのミーティングや勉強会など行われるといいなぁっと思います。

 

より良い製品を出荷させて頂く為に!!

 

 

 

 

同行訪問2019年06月04日

営業部の林です。

 

この4月より山陰方面のエリアを担当させていただくことになり、

現在、同行訪問をさせていただいております。

 

山陰地方はとても自然豊かな場所で、大山も久しぶりに見ると、とても大きな山で

あまり写真は撮らないのですが、思わずとってしまいました。

 

 

 

今まで社内で仕事をさせていただいており、あまり施工後の商品を見る機会がなかったのですが、

実際に現場で商品が収まっているものを見ると、とてもうれしく思いました。

 

今後とも日々勉強し、お客様によりよい商品を提案できるように頑張りますので、

タハラの林をよろしくお願いいたします。

 

検品と梱包作業2019年05月28日

物流資材課の橋平です。

 

日々の業務で商品の検品と梱包作業を担当しています。

外注先様や当社加工より、1日を通して商品が出来上がってきます。

これらを1つづつ加工指示書に基づいて、樹種・寸法・加工内容・仕上げ状態等のチェックをして梱包します。

 

 

梱包した商品は無塗装で出荷されたり、塗装工場で塗装されます。

日々作業をしていると不具合の物があるので、

その都度、作り替えや手直しを行い対応しています。

時期的に物量が多くなりますので、チェックがおろそかにならないよう、

気を緩めずに取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

その他の投稿も見る

平成2019年05月23日

手加工の中原です。

 

先日、妻との会話の中で平成を思い返すことがありました。

平成が始まったときは、もう社会人になっていたなぁと。

31年間丸々働いていたなぁと。

子供が産まれ、成長し、社会人になり、楽しいこともあったけど、とにかくしんどかったなぁと。

子供よりも年下の新入社員も入り始め、自分も年を取ったなぁと。

 

彼らに、31年分の経験を少しでも伝えられたらと思う、5月の昼下がりでした。

 

 

 

その他のブログも読む

住宅の階段2019年05月16日

営業内勤の佐々木です。

 

今回は一冊の本を紹介させて頂こうと思います。

 

 

この本はいわゆるオシャレでこだわりのある階段の写真を集めた本です。

 

昇り降りするだけではなく、階段をライフスタイルの一部に取り込んでいる魅力的なデザインばかりで、

見ていてとても楽しくなる本です。

 

さらに事細かく収まりの解説もついてます。

 

階段についての魅力を様々な視点から書いておりとても勉強になる本です。

 

みなさんも是非ご覧になってみて下さい!

 

 

 

その他の投稿も見る 

花見2019年05月09日

生産管理 奥迫です。

 

春ということで日も長くなり寒さも和らいできました。

この時期は花粉症に悩まされる辛い日々ではありますものの

花が咲いたり、蝶が飛んでいたりする素敵な季節だと思います。

子供のころより霞がかってしまった空を見るのは残念ではありますが、

春といえば?花見!ということで、1月に生まれてちょうど3か月くらいの長男 樹くんと

初花見だよーと言いながら、まさに花を見るだけ見に行きました。

 

この樹くんは人や物を目で追うようになって以来、誰に対しても

「いっくーん、にこーってして?」と顔を見ながら言うと、

「わぁー↑」と言いながら楽しそうに手足をバタつかせ笑顔を振りまきます。

その様子を見ると皆ほっこりしてしまうという末恐ろしい赤ちゃんで

この花見の際も写真の通り、素敵な笑顔を見せてくれました。

 

この写真を家族や友達、同僚に見せるとだいたい まぁ可愛い となるのですが

もう一つよく言われたことが、奥迫君ってこんなに笑うことあるんだね とのこと・・・

いつも楽しく生活しており、割と表情も豊かだと思っていたのですが

自意識と周囲の認知のズレが驚きとともに笑えました。笑笑

 

アドラー風に言うと、それはその人たちの問題で私にはどうすることもできない。となります。

公私ともに本来の自分の姿を見てもらえるよう今後とも努力と勉強に努めていかなくてはと

思い直すいい機会となりました。

 

最後にこんな素敵な写真を撮ってくれた妻に感謝して皿洗いとか頑張ります!

梱包指導兼整理整頓2019年04月24日

物流資材課の竪道です。

日常業務は出荷を担当しており、ミスできないプレッシャーで日々過ごしています。

 

最近、協力工場さんの塗装品の検品、梱包指導を任されました。

5~6年程前に塗装品の検品担当を外れていたので、少し不安でしたが、

作業をしている内に、その当時の経験が蘇ってきました。

一度覚えた事は忘れないものですね。

 

初日は、材料を持って道を挟んだ前の倉庫で梱包作業をしました。

出来上がり商品の荷作り・保管方法、自社便トラックへの積み込み方法など問題点は山積みですが、作業がしやすく、無駄のないスペース作りを考えていきました。

 

 

検品作業、梱包作業も、作業要領書に基づいて8日間かけてみっちりとご指導させていただきましたので、

より良い商品をお客様へ届けていきたいと思います。