木のぬくもりあるライフスタイルをプロディースする株式会社タハラ|インテリア住宅建材 階段・集成材の販売・生産

入社から半年2019年10月02日

はじめまして。
生産部製造課の黒木と申します。

 

早いもので、4月に入社してから半年が経ちました。
現在、私は本社工場で階段の側板を加工する機械を動かしています。
覚えることもやるべきことも沢山あって不安な日々ですが、多くの人の助けを借りて、どうにかこうにか毎日の業務に励んでおります。

 

さて、ここで私の家族について紹介……という名のうちの子自慢をさせてください。

 

この子は実家で飼っている犬で、名前は『はる』。今年で2歳になるパワフルな女の子です。
1年前、私が他県の大学に通っていた頃、先代の飼い犬が旅立った半年後にやってきた新しい家族です。
一人暮らしで滅多に会うことはないのですが、私の顔はきちんと覚えているらしく、

帰省した時にはお腹を向けて「さぁ撫でて」と甘えてくれます。

 

お盆に帰省した時にはお腹を向けるバリエーションも増え、某特撮ヒーローの変身ポーズのような姿も見せてくれました。

犬は家族の仕草を真似ることもあるとは聞きますが、よりにもよってそんなところを真似しなくても……(笑)

普段あまり笑わない私でも、はるちゃんの前では自然と破顔せざるをえません。

人間、やっぱり笑っているのが一番です。

 

私も、誰かの笑顔の為に頑張れる、そんな素敵な人間を目指して、

今日もお客様にお届けする階段を作っていきたいと思います!

 

 

 

 

 

その他のブログも見る

階段専門メーカー2019年09月24日

九州エリア担当の渡辺です。

 

まず、下の写真をご覧ください。

 

 

2枚の写真の違う所はわかりますか?

回り段板の中心に化粧柱が立っているのですが、その化粧柱の頭(木口)を右の写真は見えています。

左の写真は頭(木口)を見えないように段板で隠しています。

 

 

次の写真をご覧ください。

  

 

2枚とも、オープン階段なのですが、右の階段は当社ノトスの階段で、左の写真は天井から段板を吊っている階段です。

 

階段の一部を少し変える事で、階段のイメージがガラッと変わってきます。

また、色に関しても同じで、段板と桁や側板の色を変えるだけでもイメージを変えることができます。

 

階段専門メーカー㈱タハラは、お客様のイメージに近いものをお客様と一緒になって創っていけるメーカーです。お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

その他の投稿を見る

タハラ恒例バーベキュー🍻2019年09月17日

営業支援課の江口です

 

残暑がまだまだ厳しい9月最初の土曜日、仕事終わりからの恒例の親睦会主催のバーベキュー。

親睦会役員とみんなで協力して準備、、美味しいお肉とお酒で、楽しい時間を過ごすことができました。

日頃中々お話できない他部門の方とも交流。繁忙期に向けての活力になりそうです

こういう機会をもてる事で社員一丸になり、お客様に心のこもった商品をお届けしたいと思った1日でした

 

 

 

 

その他のブログを見る

仕事の活力‼2019年09月11日

営業部生産管理課の安達です。

 

業務は、部署名そのままに日々お客様から頂いた注文を、ご要望に沿った納期でより良い製品でお届けできるよう製造手配と生産工程管理に努めています。

 

さて話は変わりますが、良い仕事を行う上での私の活力を紹介します。

一つは、お客様を含めた関係する方々に喜んで頂けた時や自社製品が使用されているのを見つけた時の達成感です。

そしてもう一つが、家族を幸せにする事です。

今回は、その家族の一名を紹介します。4年前から家族に仲間入りしたテン(女の子)です。4年目にショッピングモールの敷地で保護犬の譲渡会で出会ったわんこです。私は、生き物の面倒を見ることは大変なので反対したのですが、妻と子供が面倒をちゃんと見る約束で押し切られる形で譲り受けました。成長したら10㌔前半ぐらいの中型位になると言われたので、室内で飼っていたら見事に成長してしまいちょっと困ったサイズになってしまいました。手のかかる困ったちゃんですが、今では家族もあきれるほど溺愛しています

 

  

 

今、広島県ではボランティアさんの活動により犬の殺処分はゼロ頭を維持していますが、まだまだ飼い主を求めている状況みたいです。色々苦労もありますが、その苦労も吹っ飛ぶ至福の時が味わえますので検討いただけたらと思います。

 

※写真は来たときのテンと、先日庭の枝切りをしていた時に邪魔しに来たテンです

 

 

 

その他のブログを読む

 

 

入社5カ月✨2019年09月04日

はじめまして。新入社員の白井です。

 

私はタハラで塗装をさせていただいております。

入社して約5カ月、塗装の仕方も理解でき、

最近は仕上げ作業をさせてもらえるようになりました。

 

 

実際に仕上げをして、色を均一にしたり、サンプルに合わせる難しさを実感しています。

 

これからも日々精進してお客様に満足していただけるものを作れるよう頑張ります。

 

 

 

 

他のブログも見る

お盆です‼2019年08月27日

物流部の小林です。

 

今回は自分の作業の内容を書きたいと思います。

メインの作業として、階段部材の側板をピッキングしています。

部材はNC機械の号機ごとに準備していきます。

 

作業指示書を確認して、この側板セットだと、こんな階段だなぁ~とか想像しながら作業をしています

 

 

余談ですが、お盆休みに山口県の元祖瓦そばを食べに行ってきました。

とても美味しかったので、みなさんもお時間がある時に足を運んでみてください!

 

 

 

 

その他のブログを見る

第7回階段フォトコンテスト アイディア賞の階段が出来るまでをご紹介2019年08月19日

山陰エリア担当の石﨑です。

 

今回は先日ご紹介した第7回階段フォトコンテストのアイディア賞を受賞した階段が

出来るまでの打ち合わせ内容をご紹介いたします。

 

現場着工前でしたが、ハウジング・スタッフ様より階段の事でご相談がしたいとご連絡をいただき、

どんな階段だろうと楽しみにし、お伺いさせていただきました。

 

打ち合わせ時に頂いた図面がこちらです!

お話しさせていただく中のやり取りがこちらです!

※ハウジング・スタッフ様(H)/タハラ(T)

(H)今回の段板は見せ方を変えてたいと思っています。

(T)前回は段板に面加工して段板を薄く見せる方法をしましたが、今回も段板を薄く見せる方法にしますか

(H)なるべく薄く見える限界の面加工がいいのですがどこまで出来ますか

(T)段板は体重がかかる所なので15㎜面残しが限界かと思います

(H)段板の木口面側も面加工出来ますか

(T)大丈夫です、2辺面加工にしましょう

(H)面加工は真っすぐですよね

(T)…真っすぐになります。

(H)斜め面を斜めに出来ますか

(T)斜め面を斜めですか

(H)壁側が厚く、吹き抜け側に向けて段々と薄くなる感じが面白くなると思うんです。

(T)それは面白そうですね!けど段板木口面側の壁との納まりや仕上げ方法が難しくなりそうですね・・・。

(H)そうですね・・・。

(H・T)・・・・・・。

(H)段板の木口面側の加工は奥側が厚く、前側を薄くすればどうでしょう

2辺共に斜め面を斜めに出来れば変わった変形になり、面白くなると思うんです。出来ますか

(T)出来ます!鼻の出寸法を少し大きくすれば大丈夫です!

段々薄くなる形状でしたら段板を踏む場所は見付け面が大きくなり強度が出るので、

出隅の先端の一番薄い所を15㎜面残しではなく攻めた感じで5㎜面残しにしましょう。

よりシャープ感が出ると思います!

(H)なんだか面白くなりそうですね!段板がどんな見え方になるか楽しみです!

 

このやり取りも一部抜粋したものですが、ご一緒に面白い階段にする為には、どのようにすればよいかと、考え合えた時間はとても楽しい時間でした。

 

文面だけだとイメージが難しいと思うので、打合せ後、作図したものがこちらです。

 

今回の段板は今までにない形状なので、製造側が二次元の図面だけだと加工イメージが難しく、

私のイメージと一致しないかもしれないと思い、製造側とイメージが一致していると感じるまで話し合いを重ねました。

製造側からも加工の注意ポイントや仕上がり感など指摘や提案をしてもらいました。

 

実際にイメージ通りに出来ている段板を見た時、複雑な段板を完璧に作ってくれるタハラの製造はスゴイな~安心する~と尊敬しました。

 

色々とやり取りを重ねた結果、施工後の仕上がりを見ると想像を超える面白さを感じ、ハウジング・スタッフ様が階段を見て大変喜んでいただくことが出来ました。

 

お客様が喜んでいただいている姿を間近で見ると階段専門メーカーで良かったな~と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

その他のブログを見る

第7回タハラ階段フォトコンテスト【アイディア賞】表彰式2019年08月09日

山陰エリア担当の石崎です。

 

先日、第7回階段フォトコンテストの受賞発表があり

担当させて頂いている

 

ハウジング・スタッフ 株式会社 様

 

『アイディア賞』 を受賞されました!

 

(左)ハウジング・スタッフ様

 

おめでとうございます!

 

そして

 

受賞内容はこちら!

「踏み板の下場を二方向からカットし、見る角度により階段の異なる表情が出る様に演出。

シンプルなデザインの中に工夫とこだわりを感じる階段です。」

 

 

 

 

私も現場にお伺いさせてい頂いた時、ビックリしました!!

段板を見つづけながら移動すると、段板の表情が変わるのです!

段板の厚みが厚い?薄い?と、感じたり!

段板の陰影が複雑で普段見られない面白い表情が見えたりと……。

 

昼間にお伺いさせて頂きましたが…………。

もし、夜間だったら…ライティングされる…その時、どんな表情になる?

と、想像しただけで楽しくなりました!

 

今までに見たことのない階段に携わることで、とても良い経験となりました。

この経験で新しい階段の価値を知ることが出来、新たな階段の価値を探求する楽しさを再認識しました。

 

階段って楽しいですね!

 

次回は、この階段が出来るまでの打ち合わせ内容をご紹介させていただきます。

 

現場施工2019年08月06日

塗装場・現場担当の宮川です。

 

今回は、R階段現場施工を取り上げます。

 

R段板で1・2段が伸びて棚になり、Rで繋がる特殊な階段です。(1F~中2F)

加工場の江本さんと頑張りました。

 

①まず段板を乗せるガイド作りです。

 

 

②見せ場の段板からの棚です。(テレビ台になる等)

 

 

③組み上げ時の裏側です。

 

 

 

 

④こんな感じで美しいです。(中2F~2F)

 

 

⑤1・2段はRのBOX階段で、2Fまでオープン階段です。

 

 

⑥完成です。いいネ、いいネ、いいネ・・・

(施工時キズが付くので養生しています。分かりにくくてすみません。)

 

 

今回の現場施工で、お客様に満足してもらえる商品、取り付けを第一におき作業させてもらいました。

これからも新しく美しい階段をタハラは作成していきます。

 

ん~ん、美しい。

 

 

第7回タハラ階段フォトコンテスト【ライフスタイル賞】表彰式2019年08月02日

 

関西エリア営業担当の菅野です。

 

先日第7回階段フォトコンテストのライフスタイル賞を受賞された、

株式会社QUMUQ(組無垢)様へ表彰に伺いました!

 

今回受賞された階段はタハラの人気商品「BLITZ」

お施主様から壁面に本棚を作ってほしいとのご要望があったようで、

その外観を損なわせないようにイナズマ型のデザイン階段をマッチさせたもの。

本棚と階段に一体感がでており、ライフスタイルにも溶け込んだ階段になっています。

 

  

 

このBLITZ階段 デザインは鉄骨階段では定番の形ですが、それをあえて木製で再現した商品。

低価格と暖かみ、デザインの自由度があり非常に問い合わせも多く人気があります。

 

QUMUQ様にはいつも階段でお世話になっております。

階段のデザインはもちろんですが勾配も非常に気にされていて、

お施主様が安全に使用できることを大前提とした家作りをされているように思います。

今後も階段の部分でいろいろお手伝いをさせていただければ幸いです!

 

ライフスタイル賞受賞おめでとうございます!